ストップレベル

【他社と徹底比較】FXFair(旧FXBeyond)のストップレベルは広い?

「ストップレベルってなに?」

「FXFairのストップレベルってどれくらい?」

なんて思っていませんか?

海外FX業者を利用するときに、ストップレベルを確認しておくことで取引をスムーズに進めることが出来ます。

このサイトでは、海外FX業者FXFairのストップレベルついて解説していきます。

また、他の海外fx業者のストップレベルとも徹底比較して行きます。

FXBeyondは「FXFair」という会社にブランド変更をしました。

FXBeyondがFXFairにブランド変更について詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください!

ストップレベルとは

ストップレベルという単語自体あまり聞かないので、意味をしっかり把握していない方もいると思います。

まずは、ストップレベルという単語について説明して行きます。

ストップレベルとは?

ストップレベルはポジションの売買を行うときに、現在の価格から最低限離れている必要がある価格差のことです。

取引をするときに価格差が無ければ注文することができません。
ストップレベルが高いと、その分価格差は大きく開いています。逆にストップレベルが低いと、価格差は狭くなっています。

ストップレベルは各FX業者が独自に設定しており、それぞれ違った値になっています。

そのため、自分が利用する業者によってストップレベルを確認しておかないと、トレードが思うようにできないことも考えられます。

海外のストップレベルは高い傾向にあります。

アポロ

FXFairのストップレベルについてもしっかり確認しておきましょう!

ストップレベルの注意点

FXでトレードをする際に大事になってくるストップレベルなので、メリットとデメリットについて確認しておくようにしましょう。

ストップレベルの注意点

・ストップレベルが広いと利益確定しにくい

・指値・逆指値の注文レートが制限される

・トレーリングストップ注文が出来ない

・EA本来の能力が制限される

それでは、上記のストップレベルの注意点について解説して行きます。

ストップレベルが広いと利益確定しにくい

ストップレベルが広いと、利確できるまでの値幅が広いので、利益確定しにくくなります。
例えば、1pipsと2pipsの幅設定となっているなら、1pipsの方がより多くの利益を狙うことができます。

取引を何度も繰り返して利益を狙うスキャンピングで利益を狙うトレーダーなら、ストップレベルが低い方が圧倒的に有利になります。

アポロ

トレードをする方は、必ずストップレベルを確認してから海外FX業者を利用する様にしましょう。

指値・逆指値の注文レートが制限される

ストップレベルが設定されていると、指値・逆指値のレート注文が制限されます。

例えば、ストップレベルが2pipsの場合、指値・逆指値は現在の価格から2pips以上離れたレートにしかおく事は出来ません。

ストップレベルの価格差によって指値と逆指値の注文が行いにくくなります。

アポロ

FXBeyondでトレードする際も「思うように行えない可能性がある」と認識しておきましょう。

トレーリングストップ注文ができない

トレードをするときにMT4を利用している方がほとんどだと思いますが、
海外FXではMT4を用いてトレーリングストップを利用する事が出来ます。

しかし、トレーリングストップ機能はトレールの値幅がストップレベルより下であれば設定することができません。

アポロ

MT4を用いてトレーリングストップを用いたい場合は、FXBeyondで設定されている通貨ペアのストップレベルを確認してから、利用するようにしてくださいね。

EAの本来の能力が制限される

海外FX業者を利用してトレードするときは、EAを用いたい方多いと思います。

しかし、ストップレベルが設定されていると、値幅によっては注文する事が出来ません。

そのため、決済注文もストップレベルの値幅と差が無ければ動作しません。

ストップレベルがあることでポジションを持つことができなかったり、狙ったレートでの注文ができなかったりして、想定している結果と変わってしまう可能性はあります。

アポロ

EAで利益を狙うトレーダーは、FXBeyondのストップレベルを確認しておくようにしてくださいね。

FXFairのストップレベルは?

海外FX業者を利用する際はストップレベルが設定されいます。

では、FXFairのストップレベルは、どうなっているのでしょうか?

FXFairの全通貨ペアのストップレベルが変更されました。

ストップレベがが広いFXFairでしたが、最近数値を変更したので、以前よりもトレードしやすくなったようです。
以前のFXFairのストップレベルと変更後について簡単に表で比較してみましょう。

通貨ペア 変更前 変更後
EUR/USD 40 10
USD/JPY 40 10
GBP/JPY 50 20
EUR/GBP 50 20

FXFairのストップレベルの変更後を確認してみると、かなり数値が改善されたことが分かりますね。

以前のままだと40や50という数値でしたが、今では10や20という低いストップレベルになっているので注文しやすくなっています。

ストップレベルの数値が低いほど利益確定や注文を入れやすくなるため、FXFairでスムーズな取引が行えりう様になりました。

FXFairと他者との比較とは?

FXFairのストップレベルは、かなり改善された事が分かりました。

では、他の海外FX業者に比べて、ストップレベルは広いのか狭いのか比較してみました。

FX業者 ストップレベル
GEMFOREX 20
XM 0
HotForex 20
Is6FX 10
TitanFX 0
BIGBOSS 10
FXFair 10

上記を確認すると、FXFairのストップレベルは狭い方である事が分かります。

TitanFXやXMは突出して、ストップレベルが低く0となっています。

MT4でのストップレベルの確認方法

FXFairのストップレベルを確認したい方も多いと思いすが、MT4で簡単に確認する事が出来ます。

MT4でFXFairのストップレベルを確認するときは、確認したい通貨ペアの上で右クリックをして「仕様」を選択します。

すると通貨ペアの仕様について確認することができます。以下の画像を確認するとストップレベルという項目を確認できるはずです。ストップレベルの単位はポイントになっているので、pips変換して数値を出すようにしてください。

ちなみに、スマホで確認したい場合は「詳細」からストップレベルを確認することも可能です。スマホ対応されているなら覚えておくことができますね。

このように、ストップレベルをMT4で確認する方法はとても簡単です。FXFairで取引する際は通貨ペアの数値を確認して注文してください。

FX Fairのストップレベルまとめ

トレードをするときは利用するなら、海外FX業者の特徴を知っておくことが大事です。FXBeyonで注文するときはストップレベルを確認しておく必要があります。

ストップレベルは以前ほど高くはないので、より有利な環境でトレードが可能になりました。

FXFairは注目されている業者なので、ストップレベルを確認してスムーズな取引を行ってみてください。

https://beyondapollo.com/beyond-bonus/ https://beyondapollo.com/fxbeyond-refusaltowithdraw/

FXFairの口座開設はこちらから